喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼ

喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。
一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療の成否を分けます。
周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。インプラント治療を順調に終えようとするなら、治療を受けている間はがんばって禁煙に励みましょう。
外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は手術箇所が落ち着くように、安静に過ごさなければなりません。
力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらく行わないようにしましょう。
傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。日頃から運動をしている方は、運動をいつ再開すべきか、歯科医と確認しておけばベターです。インプラント治療は、まず何が大切かというと、歯科医と、歯科医院の決め方です。
特殊な外科的治療についても技術を要求されるので様々な症例を診てきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。
それはもちろんのこと、費用面での疑問に応えてくれる、感染症予防策をはっきり示している、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医に頼るしかなければ、国外までも探しにいくことも考えるべきです。インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。
寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、そう簡単に断念せず、まずもって、情報集めに全力を尽くすことが夢をかなえるためには大事です。入れ歯の装着に違和感があるという方、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方に選択肢としてインプラント治療があります。あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつけるため、入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。あくまでも見た目、もしくは使った感じを求められるなら、何といってもインプラントです。手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。
これは、人工物を埋め込んで周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどです。
しかし、他の原因から生じることもあるので、インプラントがなじむまでの間は特に、歯科医の判断を仰ぐことを忘れないでください。
インプラントを埋め込んだ後、その歯は永久に虫歯から免れますが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。
インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングを忘れることはできません。けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。
自然に治ることはありませんので、早急に診察を受けましょう。
インプラントとクラウンの決定的な相違は、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部を支えとして残すことができれば上からすっぽりとクラウンをかぶせる治療ができます。
これに対し、抜歯した後は、入れ歯もありますが、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。
誰でもインプラント治療ができるわけではありません。その大きな原因は費用がかさむことに尽きます。
おおむね保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用の差が出てきます。
また、どの歯科医院を選ぶかによっても費用が異なることも事実です。加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるといったことも他の歯科治療と異なります。基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。
費用を払いきれるかどうか心配になる方もまだまだ多いのです。
それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどと銘打って分割払いに申し込める歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、受けたい治療を受けることができる状況になっています。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ