これからインプラント治療を受け

これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。
それだけでなく、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止に努めている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。
人工歯としてのインプラントは当然、虫歯にはなりませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。
せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスはどこまでも続きます。
けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。自然に治ることはありませんので、早急に診察してもらわなければなりません。
入れ歯で食べることに抵抗がある、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方に選択肢としてインプラント治療があります。
外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに人工歯をつける治療で、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが周囲にもそれと気づかれにくく、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。
どうしても外見や噛み心地を譲れない方にふさわしい治療です。
インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが自然な流れです。
別の原因が隠れていることもあり得るため、異変を感じた場合は間を置かず歯科医の診療を受けることを心がけてください。歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、歯根部が残っているかどうかの違いです。
虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部を支えとして残すことができれば冠状の義歯としてクラウン治療が可能になります。
抜歯した場合の選択は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を検討することになります。
喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は無視できないものがあります。
インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の一大関門となります。そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。
快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療が無事終わるまでの間と思って禁煙あるのみです。
インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、極力安静を保って生活を送ってください。
力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、負荷がかかる身体運動は避けた方が良いです。傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。
運動を毎日のように行っている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておけばベターです。
現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用が負担となる方も決して少なくありません。それでも、クレジットカードが使えるところや、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローンで支払いができる歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。
治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、インプラント治療の開始はできるケースが増えました。
インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。
保険適用されることはごくまれで、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用にはかなりの開きが出ますし、自由診療なので、歯科医院ごとに相当差が開きます。また、定期的なメンテナンスも必要といったことも他の歯科治療と異なります。様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医の治療を受けようとすれば国外までも探しにいくことも考えるべきです。インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。インプラント治療で、失った歯を取り戻すためにはそう簡単に断念せず、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみるしかありません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ