入れ歯で食べることに抵抗がある、もしくは入れ歯

入れ歯で食べることに抵抗がある、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもインプラント治療がすすめられるでしょう。あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、上部の義歯になる部分を装着します。
保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。義歯でも、見た目や使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。おおむね保険適用外で、全面的に自由診療になることが普通であるため失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差はかなりありますし、歯科医院が技術料をどう見るかで費用が異なることも事実です。
治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないという点にも注意が必要です。手術によってインプラントを埋め込んだ後は手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすように努めましょう。普段よりも静かに過ごすようにして日常生活以上の負荷がかかる運動は避けた方が良いです。
血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。
運動を毎日のように行っている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と話し合うと安心できます。
現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため費用を払いきれるかどうか心配になる方も多いのが当然です。
しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、いわゆるデンタルローンのような信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。
費用全てを現金で一度に支払えなくても、インプラント治療に取りかかることは実現できるようになりました。インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医でないとできないなら、海外に渡ってでも治療を受けるということも考えていきましょう。
インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界中の歯科医が研修を受けています。
一生使える第二の歯を求めて、そう簡単に断念せず、できる限りの情報を手に入れることが夢をかなえるためには大事です。
これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため様々な症例を診てきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。
それにとどまらず、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止に努めている、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。
差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が残せれば上から冠のような形のクラウン治療が可能になります。しかし、根から抜いた場合はもし、入れ歯を採用しない場合、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。インプラント埋入手術の直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。
考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどなので、気にしないでください。しかし、原因が他にあることも考えられるので、インプラントがなじむまでの間は特に、すぐに歯科医に連絡することを心がけてください。他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響はかなり大きいというべきでしょう。一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の成否を分けます。周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が相当の妨げになります。インプラント治療を順調に終えようとするなら、最低でも手術から治療終了までの間、しっかり禁煙するべきでしょう。インプラントを埋め込んだ後、その歯は永久に虫歯から免れますが、歯周病には気をつけてください。
インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診は手を抜くことができません。
ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。
感染が重篤化する危険性があるので早急に診察を受けましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ