安易にインプラント治療を始めることは

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。インプラント以外の治療はできないという患者さんに最適な治療方法になります。
抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。
義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由で必然的にインプラント治療になる患者さんが多くを占めます。入れ歯に比べ、インプラントではより自然な噛み心地を得られるため食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。多くのメリットを知られるインプラント治療。でも、それと裏腹のデメリットもあります。まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。難しいケースでは数十万円かかることも覚悟してください。
それから、治療が失敗すると、場合によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性があるというのも、デメリットの一つです。障害を負うにとどまらず、手術後の死亡例もあります。
虫歯がかなり悪化して、ついに歯を抜かなければならなくなりました。
隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラント治療に決めました。
結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯に近い使用感があるとのことでした。
手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく違和感なく噛むことができるようになりインプラントにして良かったと思いました。
歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗をゼロにすることはできません。
インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものに関わる失敗、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという審美的な問題が起こることもあります。問題が起こるリスクを軽減するためにも、データや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。
インプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという問題はありませんでしたか。
それは気にしないでください。
確かに、MRI検査では磁気を使うので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。
しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応しない性質を持っていてMRI検査への影響はありません。
歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは歯を抜いた、あるいは抜けた後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯のことです。
インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。
インプラントだと歯根からあごの骨に埋め込んでいるので噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。なぜ適用されないかというと、インプラント治療と一口に言っても他の人工歯を使った治療に比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。手術の前後には様々な処置が必要で、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。
これを保険適用にしてしまうと、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。
一本のインプラント治療にかかる費用はインプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。地域によってかなり料金は異なります。
また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費は相当変わってくるので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、治療を始めても、決して遅くありません。
ここで重視すべきなのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。
治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。
ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、普通のケースではまず適用されず検査など、治療の一部しか保険がきかないのが費用を押し上げる最大の原因です。
現状では最低線が十数万円、困難な治療が含まれると費用はその数倍に及ぶことをくれぐれも忘れないでください。人工歯としてのインプラントは噛んだ感じが自分の歯に近く、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、この治療の良さでもあります。
両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。
骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに頑丈です。キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ