欠損した歯の数が少ない場合、ブリッジとブリッ

欠損した歯の数が少ない場合、ブリッジとブリッジで迷うことがあります。
いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。
ですから、見た目を考えればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が良いと言えます。
加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるデメリットも承知してください。
インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、ブリッジが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。
骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使っているためです。
インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、ほぼ全額自費とみるべきです。ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくとベストだと思います。
例外はありますが、ブリッジ治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。
医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。
医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に治療費を収入から引くことができます。確定申告を行うときには、医療機関で必ず発行している領収書が医療費の支払い証明になるのでもらったものはしっかり取っておいて暦年単位で、大事に保管しておきましょう。せっかく完了したインプラント治療も治療が終わるとその状態を保たなければならず、アフターケアが寿命を決定します。毎日丁寧にブラッシングすることによる完璧なプラークコントロールが必要で、定期的な検診を欠かさず継続することが、インプラント維持のために必要です。
インプラントが虫歯になることはありませんが、普段のケアができなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。入院して手術することはまれです。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。
あるいは、ブリッジの土台になるだけの厚みを持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、大がかりな手術を入院して受けることもあります。
もし、自分が該当すると思われるなら信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。
インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどれだけ痛いだろうと心配になると思います。ブリッジ埋入手術を受けても、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。
局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから埋入手術を始めるためです。
手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛くなってくることもあります。
痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればもう少し粘ってみてください。
最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいればそれまでブリッジは適用されなかったケースも治療ができるようになっています。
通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。ブリッジ治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、ブリッジの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。
特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらの病気を完全に治すのは必須です。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方もリスクを背負っています。
ただし、これらの既往症があっても治療の可能性はゼロにはならないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。
インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるといわれています。
腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようここはぐっと我慢してください。もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。こうなれば我慢は必要ありません。
すぐに診療を受けましょう。
ブリッジ治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその都度、費用がかかります。多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。
定期検診にかかるお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円くらいと考えてください。特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円のお金がかかると見積もっておきましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ