よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯が入れ

よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはめったにありません。
見た目からしても、自分の歯のように自然な印象を与えるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、これは義歯だと思われることもいちいち考えなくて良くなります。自然な見た目を重視している場合、最適な治療と言えます。
虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお手入れなしで長持ちすると考えてはいけません。義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。
残っている自分の歯と同じく、歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。
異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。
全てのインプラント患者にとって、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。
実際のところ、費用の総額は統一されておらず、歯科医院によってずいぶん違っています。
ブリッジ治療はほとんど自由診療のため、費用設定は歯科医院に完全に任されています。
しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的です。
歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、周辺の歯に関係なく治療したいなどの要望があるケースです。
ブリッジ治療を例に取ると、ブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯だけを根元から再生する治療になります。
他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという要望がある場合、他の治療法よりもブリッジ治療がしっくりくると思います。インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨になじんで比較的安定しやすいため、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。
治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的に治療をすすめていくので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。
そして、治療終了後のメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。一口にインプラント治療といっても、大きな3つの関門があります。
まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず骨の中にブリッジが埋まらなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
埋入するのもリスクがあって、手術時に神経を損傷する危険を伴います。高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自分の歯と同じくらい保たせることが可能というケースが増えています。
とすれば、普段のメンテナンス次第で長期にわたって維持できますが、セルフケアの手を緩めると維持できなくなる異常も起こりうるということを肝に銘じておくべきです。ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の可能性は否定できません。
ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが重要事項の一つになります。
近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をウェブサイトの中で説明している歯科医院もごく普通になっているので、そこで調べるのも良いでしょう。
どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。
この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の技量は厳しく問われるのでかなり治療実績には差があると考えられます。インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法とされています。
とにかく入念に、歯科医選びをすることがブリッジを快適に使えるかを決めるのです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ