どうしても避けられない問題です

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。
健康保険が使えることもまれにありますが、厳しい条件を満たさなければならず、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが負担が大きくなる原因です。インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、高価な材質を選ぶなどで治療全体で、その数倍の費用が必要になることを覚悟した上で始めなければなりません。
多くのメリットを知られるインプラント治療。
でも、当然ながらデメリットもあります。
まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもあるのです。
あとは、治療が失敗したとき、健康被害が起きると、かなり深刻化するという重大な問題もあります。障害が残るばかりか、手術後の死亡例もあります。
インプラント治療にかかる費用を合計するとトータルで30万円から40万円と考えてください。
もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって料金はずいぶん違ってきます。
複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療に取りかかることをすすめます。忘れないで欲しいのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。
インプラント治療による危険性を広く調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないといった口コミがあったかもしれません。それは違います。
MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。金属があれば、そこは乱れて映ります。
インプラントに使われるのはほとんどがチタンなのでチタンの特性として、磁気には反応しないためそのため、MRI検査は問題なくできます。
歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗をゼロにすることはできません。
治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目を損なってしまう問題もあります。
失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はよく考えて決めてください。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは噛んだ感じが自分の歯に近く、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはありがたみを実感する点です。
隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。
だからガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強いものでもあります。
もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代用となる義歯と人工歯根のことです。
ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。
虫歯がかなり悪化して、抜くしかなくなってしまいました。このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明され治療を受ける決心がつきました。ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。
治療後、噛めるようになると、ほどなく噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントにして良かったと思いました。安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。
ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんに最適な治療方法になります。クラウンやブリッジの支えになる歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を希望することになるというのが、多くの患者さんの実態です。
インプラントは入れ歯に比べ、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。今後もおそらく保険はきかないでしょう。
なぜならインプラントを入れるという一連の治療は保険適用が可能な他の治療方法よりも検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。インプラントを埋め込む手術前後の処置や、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。これを保険適用にしてしまうと、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ