ブリッジ埋入手術とは、人工歯根を骨

ブリッジ埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなのでほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるのが普通です。腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように我慢あるのみです。
十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。
こうなれば我慢は必要ありません。すぐに診療を受けましょう。歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえば術中の痛みが怖いと思います。
麻酔技術の進歩で、ブリッジ埋入手術で耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。麻酔が効いたことを確認した上で手術の本番に入るためです。
術後、腫れがでるのに伴って痛みを感じることもあります。化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、ブリッジはインプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材を用いているのです。
インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。
その全額が自費になるのが普通です。
経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が一番良いでしょう。
この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、麻酔のために入院することはまずありません。血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は安全を期すため、入院を求められることもあります。あるいは、ブリッジの土台になるだけの厚みを持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、大がかりな手術を入院して受けることもあります。これらのどこかに当てはまる方は治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。
欠損した歯の数が少ない場合、ブリッジとブリッジで迷うことがあります。
そもそもブリッジ治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根(ブリッジ体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。
ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
ですから、見た目を考えればどちらかというとインプラントが高い評価を得るでしょう。先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというデメリットも承知してください。
理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。
でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨の幅が足りない」ということならばまだあきらめなくて良いかもしれません。
最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば少し前なら、ブリッジ治療はできなかったケースでも治療は決して不可能ではありません。
現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探すことを勧めます。
インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。
特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくことが必要条件です。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方もリスクを背負っています。最新の技術を用いれば、これらの病歴だけでインプラント治療ができないわけではないためまずは歯科医に全て話しておきましょう。
手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその費用もみておかなければなりません。標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は歯科医に診てもらうことになります。
メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円くらいと考えてください。
普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を用意しておきましょう。例外はありますが、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして治療費を収入から引くことができます。確定申告をするときの注意点として歯科医で発行した領収書は医療費の支払い証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年単位で、大事に保管しておきましょう。
長い期間と費用をかけたブリッジ治療は、治療後も快適な状態を維持するためにアフターケアが寿命を決定します。
毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールに注意を払い、さらにブリッジだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことを続けなければなりません。ブリッジ自体は人工歯ですが、ケアが十分でないと歯周病になることは珍しくありません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ