インプラント治療によって義歯が使える

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、段階が大きく3つに分かれます。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。
ですから、ブリッジ治療全体ではおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがブリッジ治療ですが、チタンは骨との親和性が高くアレルギーの発症例も少なくなっています。
インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、十分な検査を行い、結果を検討した上で治療を始めるのが普通ですから患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。
それから、治療後には、メンテナンスを継続することによって安全で、快適な使用が続くことを期待できます。代表的なインプラント適用のケースは、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいといったケースです。例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。両隣の歯を削って支えにするのはもったいないと要望があるケースではブリッジ治療を優先して良いでしょう。
人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんが治療後はほっておいていいと思ったら大間違いです。ブリッジを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病を引き起こすこともあるのです。
自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、セルフケアは欠かさないようにしましょう。異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の腕次第で相当な差があると考えるべきでしょう。この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法なのは明らかで、手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗してもやり直しできないことが多い点です。他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントの定着がみられなかった場合、再手術を迫られ、骨を大きく削り直すことになります。埋入するのもリスクがあって、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療費の高さは重要な問題ですね。ちょっと調べればわかりますが、治療費は地域や、歯科医によってずいぶん違っています。
インプラント治療はほとんど自由診療のため、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。大まかな相場はありますので、心配しないでください。
インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのがおおよその相場と考えてください。
これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはめったにありません。
見た目からしても、自分の歯のようにとってつけた感じにならず、他の人に自分から言う必要もないので義歯だと気づかれることもいちいち考えなくて良くなります。
自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には最適な治療と言えます。
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は本物の歯に匹敵する耐久性があるというケースが増えています。
とすれば、普段のメンテナンス次第でかなり長い間保たせることができますが、ひとたびケアを怠れば歯周病など、異常が起こることがあると思ってください。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのブリッジ治療でも、院内感染の可能性は否定できません。
ですから、歯科医院を決めるときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが重要事項の一つになります。院内感染防止の対策をホームページ上で具体的に示している歯科医院も当たり前のようになっていますから、真っ先に見ておきたいところです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ