残念ながら、ブリッジ治療はほとんど全額自

残念ながら、ブリッジ治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。
医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。手間はかかりますが、年一回の確定申告によって税金の還付を申告します。確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医で発行した領収書は医療費を払った唯一の証明ですからなくしたらおしまいのものとして暦年で申告することになるので、保管しておいてください。
インプラント手術の未経験者にとってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。今では、どこで手術を受けても大して痛くないのが普通です。
麻酔が効いたことを確認した上で本格的に手術を始めるためです。術後、腫れがでるのに伴って痛くなってくることもあります。
痛み止めは頓服として処方されますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければブリッジ治療は終了です。けれども指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから異常がなくても維持費は必要になります。
特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うのが一般的です。
メンテナンスの費用は保険適用の治療が基本となり三千円くらいかかります。
従って、年間1、2万円くらいの出費は必要です。
歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療が終わるとその状態を保たなければならず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。
毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールを継続した上でブリッジだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが必須条件です。
インプラントが虫歯になることはありませんが、普段のケアができなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがブリッジ治療です。
手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるのが普通です。腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにひたすら辛抱が大事です。ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。少数の歯の欠損に対する治療としては、ブリッジとブリッジが代表的です。
そもそもブリッジ治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。
それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
口を開けたところを見ればどちらかというとブリッジが良いと言えます。ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛い面があります。
ブリッジ治療を始める前にチェックすることとして、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。
既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保するのがとても大事です。
さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療が事故につながる可能性があります。ただし、これらの既往症があっても治療の可能性はゼロにはならないのできちんと歯科医に相談することが大事です。様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨のサイズが足りず、ブリッジを入れられない」であれば決してあきらめる必要はありません。最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療ができるようになっています。
現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で十分調べてください。
インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。
入院することはめったにありません。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院することや、複数の病院で手術することもあります。これらのケース、その他の困難なケースであれば長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材から作られています。ほとんどのブリッジ治療は保険がきかず、その全額が自費になるのが普通です。
経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくとベストだと思います。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ