ごく普通の歯科医院で、外来診療を

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、院内感染が起きないと言えません。その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが重要事項の一つになります。
院内感染防止の対策をホームページ内で述べている歯科医院も当然のようになっているので、そこで調べるのも良いでしょう。よくいわれるブリッジのメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはめったにありません。根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにかなり自然にうつり、これは義歯だと自分から言わない限り、これは義歯だと思われることもほとんどありません。費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療が一番ふさわしいでしょう。
他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。
入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、再度、大がかりな手術を行って骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。
埋入するのもリスクがあって、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。現在、ブリッジの人工歯根はチタンが多くなっています。
骨との親和性が高く金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。
インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の十分な検査を行い、結果を検討した上で治療を始めるのが普通ですから納得した上で治療を始められます。一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを欠かさず継続することでより快適に、長期間使えるようになるのです。
代表的なブリッジ適用のケースは、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。ブリッジ治療で義歯を入れるとすればブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これが、インプラントの埋入なら周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと考えている患者さんには、ブリッジ治療を優先して良いでしょう。いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費の高さは重要な問題ですね。
現実には、治療費といっても統一されておらず、歯科医院によって相当な開きがあります。
保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に決められるのが建前です。それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。
インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどがおおよその相場と考えてください。
インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れを必要としないと考えてはいけません。
傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病で、ブリッジを維持できなくなることが考えられます。
残っている自分の歯と同じく、歯科医や衛生士の指導に従って、セルフケアは欠かさないようにしましょう。
また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。
費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。
実際のところ歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが一般的な説です。ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期にわたって維持できますが、ケアが十分でなければインプラントの維持が難しくなってしまうという押さえが必要です。ブリッジ治療によって義歯が使えるようになるまで、段階が大きく3つに分かれます。
まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。
あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのがだいたいの流れです。
どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。
インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の技量は厳しく問われるので大きく違ってくると言うべきです。インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だということを理解してください。
歯科医選びに全力を尽くすことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ