インプラント治療も万能ではなく、基本的には

インプラント治療も万能ではなく、基本的には様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんに最適な治療方法になります。抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。
入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラントしかないとされるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。
人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。
保険がきかない理由ははっきりしています。
インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、時間も手間もかかるからです。
インプラントを埋め込む手術前後の処置や、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、トータルの治療費用は高額になってきます。治療の一部を保険適用にするだけでも、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリスクはあります。
治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目の問題が起きる可能性もあります。このような危険をできるだけ避けるために、まず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。
数々のインプラント治療の問題点について、広く調べたと思いますが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという問題はありませんでしたか。
それは本当のことではありません。
磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属があれば、そこは乱れて映ります。インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属といっても磁気には反応せず、検査で問題になることはまずありません。長年放っておいた虫歯があり、とうとう抜歯を迫られました。このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラント治療に決めました。
自費診療なので、かなりの額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。
手術が終わってから、だんだんと自分の歯と同じように噛めたのでこれで良かったと実感しています。
自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。
地域によってかなり料金は異なります。
また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も費用の差になってきますので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、治療に取りかかることをすすめます。
歯科医院決定に大事なのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。多くの歯科医院では現金一括払いだけでなくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。
歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根部からほぼ元通りになる義歯と人工歯根のことです。
インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。インプラントだと人工歯根を骨に埋め込むことによって違和感が比較的少なく、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。
インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。
治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。健康保険が使えることもまれにありますが、一般的なケースではなく、普通は治療の全てが自費になるのが負担が大きくなる原因です。どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しいケースではその数倍の出費もあることを覚悟した上で始めなければなりません。
インプラントはメリットの大きい治療法です。
けれども、それと裏腹のデメリットもあります。
まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。
高額のケースでは、数十万円必要になるケースもまれではありません。
そして、治療にミスや失敗があると起こった問題は、相当深刻化する可能性があるという重大な問題もあります。
ごくまれなことですが、患者の死亡例も実際にあります。インプラントの特長として、噛んだ感じが自分の歯に近く、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、また嬉しいですね。
両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。
だから歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい強いものでもあります。
もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ