重要な確認事項として、ブリッジ治療

重要な確認事項として、ブリッジ治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらの病気を完全に治すのは必須です。
さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも事故を引き起こす可能性が増します。
最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療の可能性はゼロにはならないのできちんと歯科医に相談することが大事です。理由は様々ですが、希望すれば必ずブリッジ治療を受けられるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。
でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「ブリッジを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。
歯科医の腕と設備次第で、少し前なら、ブリッジ治療はできなかったケースでも相当数が治療できるようになってきました。あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして調べ、 相談してください。
インプラント手術の未経験者にとってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。インプラント埋入手術では、術中、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術の本番に入るためです。術後、腫れがでるのに伴って痛くなってくることもあります。
痛み止めは頓服として処方されますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。インプラント治療も医療行為ですが、保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。
医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に収入から医療費を控除されます。
医療費控除を受けようとすれば歯科医でお金を払ったときにもらう領収書がお金を払った証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を用いているのです。インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、その全額が自費になるのが普通です。経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが治療や手術への心配がなくなるでしょう。
少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。そもそもブリッジ治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。
ですから、見た目を考えればインプラントとブリッジを比較して、ブリッジの方が良いと言えます。
また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという覚悟もしなければなりません。
せっかく完了したブリッジ治療も治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、不断のケアが求められます。
日頃から丁寧に歯みがきを行い、いわゆるプラークコントロールを完璧に行い、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが、インプラント維持のために必要です。
どんな堅牢なブリッジでも、普段のケアができなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。
義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその都度、費用がかかります。
普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うことを指示されます。
メンテナンスの費用は基本的に保険が適用されるので三千円程度かかることが多いです。
全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの出費は必要です。
一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。
使われるのは部分麻酔で、入院して手術することはまれです。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は安全を期すため、入院を求められることもあります。また、ブリッジを支えるだけの強度を持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
もし、自分が該当すると思われるなら治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。
ブリッジ埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので埋入手術後はどの患者さんも多少の違和感があるといいます。腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように歯みがきも気をつけてください。
十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。
急患でも診療を受けることが必要です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ