インプラント治療を掲げている

インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うごく一般的なインプラント治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、治療の成否に関わる問題です。
感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で具体的に示している歯科医院も確実に増加していますので、あれば必ず見ておきましょう。一般的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。
人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
というのがだいたいの流れです。
どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。
全てのブリッジ患者にとって、治療にかかる費用は気がかりでしょう。ちょっと調べればわかりますが、治療費は統一されておらず、歯科医院によって大きく異なります。
なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、金額は歯科医院次第です。
ただし、おおよそ相場は決まっています。
歯一本分のインプラントで、40万円前後が相場です。
インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れを必要としないということにはなりません。
小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病を引き起こすこともあるのです。
自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。
インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという患者の希望がある場合です。ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。
インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯を直接再生する治療と言えます。
他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという事情のケースなら、歯科医からブリッジ治療をすすめられるはずです。
どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。他の義歯、つまりブリッジやブリッジ、クラウンとは異なりブリッジをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、ブリッジの定着がみられなかった場合、再度、大がかりな手術を行って骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。埋入するのもリスクがあって、手術時に神経を損傷する危険を伴います。
ブリッジ治療を検討している方、大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど全ては歯科医の裁量にかかっており差は大きいと断言できます。
この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だということを理解してください。
良く検討した上で、歯科医を選ぶことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。これはブリッジ治療の大きなメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはまずないと考えてください。
あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もとってつけた感じにならず、この歯はインプラントだと自分でいわなければもしかしたら義歯かと思われる心配もいちいち考えなくて良くなります。
費用や期間より、見た目重視の方にとっておすすめしたい治療法です。耐久性の面で、ブリッジはどうかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、定期的なメンテナンスが行われていれば本来の歯同様の耐久性を得られるというケースが増えています。ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間トラブルなく使うことも可能ですが、セルフケアの手を緩めると歯周病など、異常が起こることがあるという押さえが必要です。
現在、ブリッジの人工歯根はチタンが多くなっています。金属の中では、骨との親和性が高い方で金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。
インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的な治療がスタートするので納得した上で治療を始められます。一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを欠かさず継続することで長い間、問題なく使うことが可能になります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ