歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。
それでも保険適用外なのはインプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて時間も手間もかかるからです。
土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、かみ合わせの調整などに時間がかかりトータルの治療費用は高額になってきます。
治療の一部を保険適用にするだけでも、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。
インプラントはメリットの大きい治療法です。
けれども、それと裏腹のデメリットもあります。
最大のデメリットは費用が高額になることです。ケースによっては数十万円の負担になるケースもあるのです。
そして、治療にミスや失敗があると起こった問題は、相当深刻化する可能性がある危険性も承知しておいてください。
ごくまれなことですが、手術後の死亡例もあります。欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも安定した使用感が得られ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもインプラントにして良かった点の一つです。
隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。
インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい強度を備えています。
どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。
インプラント治療はかなりの技術を要するので、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。
どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体の損傷、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった審美的な問題が起こることもあります。
このような危険をできるだけ避けるために、まず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。インプラント治療の問題点を広く調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという説があったのではないでしょうか。でも、気にしなくて良いです。
MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。
インプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、検査で問題になることはまずありません。保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。
相場は地域によって異なります。歯科医院の規模や、歯科医の評判も料金はずいぶん違ってきます。事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。
歯科医院決定に大事なのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。
費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。
インプラント治療も万能ではなく、基本的には様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんが受ける治療です。周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかないという患者さんに適用されるのが普通です。
インプラントは入れ歯に比べ、自分の歯に近い噛み心地が得られ、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。
治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。
この治療が保険適用になるのはごく少数例で、厳しい条件を満たさなければならず、治療のごく一部しか保険適用にならないのが高額の負担を強いる原因です。安い材質、安い治療で済ませても十数万円、高価な材質を選ぶなどで数倍の費用がかかるケースもあることを肝に銘じておかなければなりません。
どうにもならない虫歯で、ついに歯を抜かなければならなくなりました。
ブリッジという選択肢もありましたが、このような場合、インプラントにもできますと説明され最終的にインプラントを選びました。
ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。治療後、噛めるようになると、ほどなく噛んだときの違和感がなくなってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。近年、インプラントの治療件数が増えてきました。
これは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根を骨に埋め込むことによって強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療費が高額になることは問題点です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ