一般的にはブリッジ埋入手術を

一般的にはブリッジ埋入手術を日帰りで行います。
使われるのは部分麻酔で、入院することはめったにありません。
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。
そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。
自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。これらのケース、その他の困難なケースであれば治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。
様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。
しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「ブリッジを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療を断念するのは早すぎるかもしれません。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば従来はできないといわれていた症例でも治療可能になっています。
あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことを勧めます。
もし、ブリッジ治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればブリッジの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。
特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくのは必須です。
美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも治療が事故につながる可能性があります。
最新の技術を用いれば、これらの病歴だけでインプラント治療ができないわけではないため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。
手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので術後の患者さんは、ほとんどが人工物を入れられた違和感を感じています。
数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてじっと耐えてください。
十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。
大至急歯科医にかかってください。1本から2本の欠損した歯に対して、ブリッジもブリッジも適用できますがインプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。
治療後、一見した感じでは、ほとんどの場合、ブリッジが良いと言えます。
加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるデメリットも承知してください。
歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどれだけ痛いだろうと心配になると思います。ブリッジ埋入手術では、術中、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて本格的に手術を始めるためです。術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めは頓服として処方されますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。厳しい条件をクリアしない限り、ブリッジ治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。しかし、医療費控除の対象ではあります。
手間はかかりますが、年一回の確定申告によって医療費を収入から引くサービスを受けられます。確定申告で医療費控除を受けたい場合、医療機関で必ず発行している領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年で申告することになるので、保管しておいてください。インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので当然、その度に費用を支払います。標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うことを指示されます。メンテナンスの費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円くらいと考えてください。
標準的には、一年に1万円から2万円程度の費用を支払うことになります。
どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終わるとその状態を保たなければならず、日々のケアが欠かせません。
毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールに注意を払い、さらにインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことを続けなければなりません。
人工物のブリッジでも、ケアが行き届かなくなると歯周炎などの可能性があります。
人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、ブリッジが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材を使って作られているためです。ブリッジ治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費と考えてください。ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが一番良いでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ