どんな治療でもそうですが、インプラ

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。
治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも全て歯科医の腕に任されているので相当な差があると考えるべきでしょう。インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法なのは明らかで、歯科医選びに全力を尽くすことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。
一口にインプラント治療といっても、3つの段階に分けられます。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというプロセスをたどります。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。ですから、インプラント治療全体では全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。
インプラント治療が適用されるケースとして、周辺の歯に関係なく治療したいなどの要望があるケースです。ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯だけを根元から再生する治療になります。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという希望がある方には他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。
皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保つというのが多くの意見です。とすれば、普段のメンテナンス次第で長い間自分の歯と同じように使えますが、ひとたびケアを怠ればインプラントの維持が難しくなってしまうということを忘れてはいけません。
失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点はもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を大きく削り直すことになります。
インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。現在、ブリッジの人工歯根はチタンが多くなっています。
骨との親和性が高く金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。
インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など十分な検査を行い、結果を検討した上で初めて治療開始となるので患者も納得し、安心して治療を開始できます。
治療が終わったところで、重要なメンテナンスを継続することによって長い間、問題なく使うことが可能になります。
ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の心配はあるものです。ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが命に関わる大事な問題です。
近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をウェブサイトの中で説明している歯科医院も確実に増加していますので、真っ先に見ておきたいところです。インプラント治療を始める前に治療にかかる費用は気がかりでしょう。実際のところ、費用の総額は歯科医院ごとにずいぶん違っています。
インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用を自由に決められるのが建前です。大まかな相場はありますので、心配しないでください。ブリッジ一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいがおおよその相場と考えてください。
虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお手入れを必要としないと考えてはいけません。インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。残存している歯と同様に歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。
インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはめったにありません。あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も義歯に見えない自然さで他の人に自分から言う必要もないのでこれは義歯だと思われることもほとんどありません。
前歯など、自然に見せたい歯の場合はこの治療方法を選ぶべきでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ