歯科医の技量、患者の体調などの

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗をゼロにすることはできません。
失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体の損傷、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった審美的な問題が起こることもあります。
問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はともかく慎重に決めてください。大きな効果を得られるインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。最大のデメリットは費用が高額になることです。難しいケースでは数十万円かかるケースもまれではありません。加えて、治療が失敗して健康被害が起きると、かなり深刻化するリスクも背負っています。まれな症例として、手術後の死亡例もあります。
安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんが受ける治療です。
周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多くを占めます。インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。
インプラント治療による危険性を様々な情報ツールで調べたと思いますが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという問題はありませんでしたか。
でも、気にしなくて良いです。
確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。
インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応しない性質を持っていて検査で問題になることはまずありません。治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。この治療が保険適用になるのはごく少数例で、普通のケースではまず適用されず検査など、治療の一部しか保険がきかないのが負担が大きくなる原因です。安くできるケースで十数万円、困難な治療が含まれると費用はその数倍に及ぶことを重々承知しておいてください。
須磨区でインプラントの名医をお探しならもりした歯科医院がおすすめ

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ