歯科医と歯科医院をどのように選ぶか

インプラント治療は、まず何が大切かというと、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。
かなり専門性の高い外科的治療を要するので、成功例ができるだけ多い、豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。それはもちろんのこと、費用面での疑問に応えてくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも歯科医を決めるためには重要なことです。手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。
これは、人工物を埋め込んで周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間の経過ともに落ち着くのが圧倒的に多いです。
別の原因が隠れていることもあり得るため、治療中に異変を感じたら間を置かず歯科医の診療を受けることに努めましょう。
歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、手術箇所が落ち着くように、安静に過ごさなければなりません。
日常生活には極端な制限はありませんが、身体に負荷をかけるくらいの運動は控えることが望ましいです。
血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。日常的に運動を続けている方なら、運動をいつ再開すべきか、歯科医と話し合うと安心できます。
どうにも入れ歯がしっくりこない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にインプラントは最適です。
あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、費用がかかることは確かですが入れ歯よりも周りにわかりにくく、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。
どうしても外見や噛み心地を譲れない方にふさわしい治療です。
どんなインプラントも虫歯を気にしなくて良いのですが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスはずっと続きます。
ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。
放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察を受けましょう。
インプラント 値段

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ