「2015年12月」の記事一覧

一般的にはブリッジ埋入手術を

一般的にはブリッジ埋入手術を日帰りで行います。 使われるのは部分麻酔で、入院することはめったにありません。 ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。 ・・・

重要な確認事項として、ブリッジ治療

重要な確認事項として、ブリッジ治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらの病気を完全に治すのは必須です。 さらに、美容整形を受けてあごの・・・

残念ながら、ブリッジ治療はほとんど全額自

残念ながら、ブリッジ治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。 医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。手間はかかりますが、年一回の確定申告によって税金の還付を申告します。確定申告で医療費控除を受け・・・

ブリッジ埋入手術とは、人工歯根を骨

ブリッジ埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなのでほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるのが普通です。腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように我慢あるのみで・・・

欠損した歯の数が少ない場合、ブリッジとブリッ

欠損した歯の数が少ない場合、ブリッジとブリッジで迷うことがあります。 いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。ブリッジ治療では、義歯をつける・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ